介護士の仕事を派遣で探す時のチェックポイント

介護士の仕事を探す時には自分が就職した際の条件や勤務形態により慎重に選ぶ必要があります。ここでは派遣社員として就職する時に注意しておかなければならなりチェックポイントを、メリットとデメリット共にご説明いたします。介護士の仕事は年々需要が増えてきている事に加えて供給が一致しない為、就職のハードルが低そうに見られますが実際は当然誰でも良いわけではなく、実務経験がある程度ある方や難易度が高い資格を所持している方以外は面接で蹴られる可能性が十分あります。更に派遣社員は即戦力が求められているので、介護士になりたての方は派遣社員ではなく契約社員やパートの方が採用されやすいのです。とはいえ、介護の経験や資格は合格条件を満たしていると言っても仕事を選ぶ際に気を付けなければならない点は複数あります。

派遣社員で働くというメリットは何があるのか

派遣社員として働く魅力は何といっても時給が高い、時間の融通が利くところです。介護士の派遣時給は一般的に1300円くらいと言われていますが、自分が所属している会社や紹介先の職場などの条件によっては1500円以上、更に高ければ最高で2000円近い時給で働くことができます。正社員としてやっていける条件を満たしていても手っ取り早くお金を稼ぎたいと言う方が敢えて派遣社員として働くケースは珍しくありません。更に、正社員だと様々な条件に縛られて会社の指示通りに働かなければなりませんが派遣社員の場合は時間帯や勤務日数をある程度まで自分の都合で決められるので、自分や家庭の事情で一つの所に長時間のフルタイム勤務は難しいという方はこちらの働き方の方が適していると言えます。

派遣社員で働く時のデメリットや注意点など

介護士の仕事は食事、掃除、排泄などの基本的な日常生活補助やレクレーション業務など多岐にわたります。正社員の場合はこれら殆どの業務を任されて責任感も増すのでモチベーションアップに繋がりますが、派遣社員の場合だとある程度の業務までになるので、様々な事に挑戦してみたいという方にとってはつらい所があります。更に正社員や契約社員など直接雇用形態と違い、勤務先に仕事の出来や利用者の方や働くスタッフへの言動などが不適切と見なされた場合はいつ契約が切られてもおかしくない、文句は言えないのでここは覚悟しておきましょう。かけもち勤務は正社員だと禁止されている所が多いので、更に稼げるのが派遣の強みですが疲労ストレスが溜まる上に双方のスケジュール管理をしなければなりません。いずれにせよ自分に合ったスタイルで高額で働けることが派遣介護士の最大の魅力なので、どの様な働き方を選ぶか・最善なのかはその人次第です。