派遣で介護士の仕事を探す時の注意点

自分が希望する勤務条件で働けることが派遣社員として働く上で重要なポイントです。介護士も他職業と同じく自分に合ったスタイルの勤務先を見つけて働けるので、時間帯や一週間又はひと月にどれくらいの頻度で働きたいかを選択できます。フルタイムでばりばり働きたい方や家事や育児などの家庭の事情で少し又はある程度働きたいなど人により事情は違ってくるので、このシステムはありがたい事です。需要がある介護士の仕事は派遣会社や求人雑誌などですぐに見つかる上に案件も多いので、自分の条件に合った勤務先をいくつか見つける事が出来ます。しかし仕事を選ぶ際に注意しておかなければならない点がいくつかあります。派遣介護士として働くにあたり、これらを念頭に置いて慎重に職場を選ぶ事が大切です。ではどのような所に注意をしなければならないのでしょうか。

派遣介護士として働く上でのメリットは何があるのか

他の職業と比べてやや賃金は下がりますが、派遣社員の時給は高く1300円以上はほぼ確実で登録している派遣会社や勤務先によっては1500~1600円以上の時給が見込めます。介護士に関連する資格(介護福祉士やケアマネージャーなど)を複数所持していると時給アップや勤務先の選択肢が増えるなどのメリットがあります。メインの勤務時間を選べる事もできます。様々な事情で自分が働けるのは早朝~夕方(早番)のみ・夜勤のみなど、希望勤務先がその条件で承諾した場合はごくたまに時間帯がずれる日はあっても自分が希望した時間帯で働けます。正社員や契約社員などの直接雇用の方はほぼ全ての時間帯でも出勤できることを条件とされますが、それに縛られたくない方は派遣で働く事により生活に合った勤務が出来ます。

派遣介護士として働くデメリットといくつかの注意点

自分に合った時間帯や勤務回数を選択できる上に時給は高いと良い事だらけの様に見えますが、同時にデメリットもあるので、就職を希望する際には慎重に選択する必要があります。まず派遣社員は直接雇用の社員と違い、いつでも契約を切られても文句は言えないという点です。自分にあまり問題がなくても雇用先の事情で契約終了という形になるケースは珍しくありません。直接雇用の場合は、何も落ち度はないのにいきなり契約を切られたら訴える事が出来ますが派遣だと難しい所です。お金を稼ぐには様々な手当がつく夜勤が一番ですが、時給自体が高いので夜勤は月に数回までという制限が付くところもあります。ただし人手不足の所なら制限なしで夜勤は出来るのでここは職場によります。派遣介護士として働くにあたりメリットとデメリットを挙げましたが、両方を承知の上で自分に合った職場で働けるという事が重要です。