派遣の介護士の仕事の内容とはどんなものか

派遣の介護士は、正社員に比べると大きな責任を伴う仕事は少ない傾向にあります。しかし、職場によって方針が違ったり、人材不足で派遣社員も正社員も同等の仕事を任せられる可能性もあります。介護の仕事といっても、簡単なことから専門的な知識が必要なものまで難易度は異なります。また、勤める施設によっても仕事内容は変わります。例えば、特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設、認知症グループホーム、有料老人ホームといった施設は、24時間入所者のお世話をします。デイサービスやデイケアは利用者が訪れる日中岳仕事をします。ただし、中には泊まることができる小規模多機能施設などの在宅利用も兼ねている施設もあります。ここでは、こういった施設の中での派遣の介護士の仕事内容について紹介します。

派遣介護士の具体的な仕事内容は?

具体的には、毎日の起床や着替えの介助、食事のサポート、おむつ交換、入浴などが仕事になります。24時間介護が必要な特別養護老人ホームの場合は、交代で勤務にあたります。入所者が障害、病気、筋力低下などの原因で、自分ではできないことを手助けするのが仕事です。入所者の多くは持病があり薬を飲んでいるので、その服薬の管理や介助もします。また、折り紙やカラオケなどの趣味活動を見守ったり、企画することもあります。リハビリ目的に体操をしたり、軽い運動を行うこともあります。夜勤の場合は、トイレの介助をしたり、眠れない時にアドバイスをし、おむつ交換を行います。派遣の介護士が任せられるのは、企画系は少なく、主におむつ交換や着替えの介助などです。服薬については正社員が担当することが多いです。

排泄の介助は重要な仕事のひとつ

介護の中で重要なのが、排泄介助です。排泄のタイミングや回数は人によって異なるので、その人のクセを知って声をかける必要があります。介護を受けているといっても、自分よりも若い人に排泄の手伝いをされることでプライドが傷つくケースは多いですなので、精神的な不快感を与えないように、自分でできるところは任せるという塩梅も必要です。利用者によっては、特定の介護士の言うことは素直に聞くけれども、他の人の言うことは聞かないということもあります。この場合は、信頼関係が築けているかどうかが違う可能性が高いです。派遣社員だと短時間勤務になることもあり、利用者との信頼関係が築きにくくなることもあります。介助ひとつにしても、信頼関係を築くことは重要なので、注意しましょう。