介護士の仕事を派遣で見つけることのメリット

介護士の仕事には、企業に社員やアルバイト・パートとして直接雇用される以外に派遣社員として働く道があります。派遣社員には働く期間が限定されているために収入が安定しない不安定なイメージがつきまといます。収入も賞与がある正社員より少ないのは仕方がありません。一方、勤務時間を選ベライフスタイルに合わせて仕事ができる、サービス残業がない、人間関係に気を使わなくて良いなどの派遣社員のメリットがありますが、介護の派遣には介護業界ならではのメリットがあります。その1つが恒常的な人材不足に陥っている介護業界ならではの収入面のメリットであり、もう1つが拡がる介護現場を背景にしたスキルアップに関するメリットです。この2つのメリットを考えると介護士の仕事を派遣で見つけるのも悪くはない方法です。

派遣で働く介護士は意外と高給です

派遣で働く介護士の時給は企業に直接雇用されるアルバイト・パート社員より高く設定されています。介護職は離職率が高く、急いで人員を補充しなければならないことが少なくありません。社員が急に退職してしまった場合に求人広告での募集では間に合わないことも多々あり、その場合は派遣社員に頼らざるを得ないという事情があるからです。需要が高ければそれだけ時給は高くなります。そのために介護の派遣では時給1000円以上は当たり前です。スキルによっては2000円を超えるものもあります。未経験でも最低時給が他の業界に比べて高いので、ケアマネージャーなどの資格を持っていればそれだけ時給が高くなるのは当然です。フルタイムで働き、時間外勤務を加えれば、正社員と遜色ない収入を得ることも可能です。

派遣なら介護スキルをアップしながら正社員も目指せます

介護スキルをアップさせるためには机上の勉強だけではなく、現場での経験が大切です。正社員として雇われた場合は何年も同じところで同じ業務をしなければならないことも多いでしょう。一方、派遣社員として介護の仕事をした場合は、雇用期間が限定されているために様々な場所で働くチャンスに恵まれています。複数の現場を経験することで、正社員で働くよりは介護スキルの幅が広がります。介護スキルのアップはイコール人材価値のアップです。企業は常に優秀な人材を求めていますから、派遣先企業に介護スキルを認められれば正社員登用の可能性も広がります。また、数多くの職場を経験することで、自分がこれから長く働く職場としての良し悪しを判断する能力も身につきます。収入を得ながら自分に最適な職場を探すことができるのも派遣介護士の大きなメリットです。